不安や怖れを抑えようとしていませんか?

お知らせ
11月の初回カウンセリング(特別価格枠)の募集は満席となりました。
次回の先行案内はメルマガにてさせていただきます。メルマガの登録はこちらからどうぞ
お知らせ
電子書籍「あなたの不安がみるみる小さくなるセルフセラピーガイドブック」を
期間限定で無料でプレゼントしています。詳しくはこちらをご覧ください

こんにちは

不安でいっぱいの恋愛から卒業!
自分に自信が持てて
自分らしく愛される女性に変わる


「愛されメンタル」


のあおきだいです。

 

今日は

 

【不安や怖れを抑えようとしていませんか?】

 

というテーマで話をさせていただきます。

 

 

 

最初にひとつあなたに質問ですが

 

 

「彼とのことで不安になった時、

 どんな風に対処されてますか?」

 

 

いかがでしょうか?

 

僕のサロンに訪れる方に

この質問を、させていただくと

 

 

「運動したりして気を紛らわせています」

「不安に思っちゃいけないと思って、

 前向きに考えるようにしています」

 

 

こうした答えが返ってくることがほとんどです。

 

 

ですが、実はこうした対処法では

不安や怖れから抜け出すことはできません。

 

 

「そうは言っても、

 それなら不安になった時に

 一体どうすればいいんですか?」

 

と思われるかと思いますので

今日はこうした際に

どうすれば不安な気持ちから

抜け出せるのかについて

お話しさせていただきます。

 

 

不安や怖れを抑えるとどうなる?

 

 

さきほど、

 

"不安や怖れの気持ちを

抑えることではうまくいかない"

 

と書かせていただきましたが、

これは何故でしょうか?

 

 

それは、こうした感情を抑えても、

不安や怖れの気持ちはなくならないからです。

 

そして抑え込んだ気持ちは

目に見えないところでどんどん

あなたの心の中に蓄積していき、

あるとき心の許容量を超えてしまいます。

 

その結果、

癇癪を起こして大げんかを引き起こしたり

心の病気を患ってしまいます

 

 

もちろん、感情を押さえ込むことには

そうすることで

彼に負担をかけずにいられるなど

役に立つ側面もあります。

 

ただし、一度だけならまだしも、

不安になるたびに

毎回そんなことをやっていたら

心がもちませんよね?

 

 

だから、不安や怖れを抑えようとするのは間違いです。

 

 

 

不安や恐れに正しく対処するには?

 

 

 

では、不安や怖れを感じた時は

どうするのがよいのでしょうか?

 

どうすれば、不安や怖れの気持ちから

抜け出すことができるのでしょうか?

 

 

不安や怖れを感じた時には

 

「感情を否定せず、そのまま受け入れる」

 

ことをしていただくのがよいです。

 

 

今回は特に、

 

"不安や怖れ、心配、疑いたくなる気持ち"

 

こうした感情にフォーカスしてお話しすると、

これらの元にあるのは

 

"怖い"

 

という感情です。

 

 

だから、あなたが彼のことで

 

不安だな…

心配だな…

疑いたくなるな…

 

となった時には

 

私は今、いったい何が怖いんだろう?

 

と自問してみてください。

 

 

その問いの答えは

人それぞれ異なりますが、

例えばそれは

 

「彼がいなくなって、
 ひとりぼっちになる気がして怖い」

 

「これまでの彼の言葉が
 全部ウソだったらと思うと怖い」

 

 

といったものかもしれません。

 

 

そしてなんとなくでも構わないので、

 

「私はこういう風に思って怖いんだな」

 

というものが頭に浮かんだら、

 

「そうだよね、それ怖いよね」

「怖くていいよ」

 

という風にご自身に言葉をかけてあげて

あなたが"怖い"という気持ちを感じることを

許可してあげてください。

 

とかく今の日本だと

 

「怖くないから大丈夫だよ」

 

と親から声をかけて育てられるなど

"怖い"という感情はよくない感情で、

怖いと思っちゃいけないと

教え込まれてしまっていることが多いですが、

 

"怖い"という感情は

悪い感情・いけない感情ではありません

 

 

あなたが感じる

"怖い"気持ちに意識を向けて、

怖い気持ちに浸る、

味わうことをしてみてください。

 

人によってはこの際に、

身体がブルブルと震えることも

あるかと思いますが、

震えるのは決して異常な反応ではなく、

"怖い"という感情を処理する時の

身体の正常な反応なので、

そのまま身体が震えるのを

許可してあげてください。

 

 

そうして少し経つと、

徐々に震えが収まってゆき、

不安や怖れの気持ちが

最初よりも小さくなっていると思います。

 

 

不安や怖れを感じた時は

それらを否定せずに、意識を向けて

そのまま味わうようにしてみてください。

 

 

怖い気持ちを認めて感じてあげると不安や怖れの気持ちは小さくなります

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今日は

 

【不安や怖れを抑えようとしていませんか?】

 

というテーマで

お話しさせていただきました。

 

 

感情を抑えようとしても、

それらの気持ちはなくならないため、

ずっと不安を抱えることになりますが、

 

 

その反対に、

そのまま”怖い”という気持ちを

認めて感じてあげると、

徐々に怖い気持ちは小さくなり、

不安や怖れの気持ちから

抜け出すことができますよ。

 

 

不安や怖れの気持ちを感じた際には、

ぜひそんな風にしてみてくださいね。

 

※最初のうちは、これまでたくさん

  我慢してきている方であれば、

  感じてもまたすぐ不安になる、

  ということが多々あると思います。

  こうした場合も、根気よく

  怖い気持ちを感じていくと、

  不安になることが減っていきますので、

  続けて取り組んでみてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

-   
見捨てられ不安を手放すための7日間講座

「幸せな・安心できる恋愛がしたい」
と思うのに

彼氏に"見捨てられてしまうんじゃないか"

と思ってしまい恋愛が苦しい・しんどい...


その不安から抜け出したい方必見!

【見捨てられ不安を手放すための7日間講座】

7日間のメール講座を今だけ無料プレゼント!


DAY1
見捨てられ不安克服の全体像
DAY2
見捨てられ不安の"真の克服"に不可欠な◯◯とは?
DAY3
「私のどこが好きかわかりません...」の脱出法
DAY4
"信じる"と"信じよう"の違い、教えます
DAY5
こんなカウンセリングには騙されないでください!
DAY6
10年かかるカウンセリング、1年かからないセラピー
DAY7
セラピーで変われる人・変われない人

さらに今だけ特典動画6点プレゼント中!

動画①「彼の心の内を知る方法」
動画②「自宅でできる心のセルフメンテナンス法」
動画③「感情を爆発させるのを止める方法」
動画④「自分の本心を知る方法」
動画⑤「関係を築くコミュニケーション・関係を壊すコミュニケーション」
動画⑥「気持ちを彼に伝えるトレーニング法」

↓   ↓   ↓


関連する記事