いつも寂しいのは心の病気?心の専門家が教える寂しさの心理と解消法

お知らせ
1月の初回カウンセリング(特別価格枠)の募集は満席となりました。
次回の先行案内はメルマガにてさせていただきます。メルマガの登録はこちらからどうぞ
お知らせ
電子書籍「あなたの不安がみるみる小さくなるセルフセラピーガイドブック」を
期間限定で無料でプレゼントしています。詳しくはこちらをご覧ください

こんにちは

 

不安でいっぱいの恋愛から卒業!
自分に自信が持てて
自分らしく愛される女性に変わる

 

"愛されメンタル"

 

のあおきだいです。

 

今日は

 

【いつも寂しいのは心の病気?心の専門家が教える寂しさの心理と解消法】

 

というテーマで話をさせていただきます。


僕は恋愛心理セラピストとして
多くの方の恋愛の悩み解消の
お手伝いをさせていただいていますが、
その中で

 

“寂しい”

 

という思いが非常に強く

 

「連絡がないと寂しい」
「会ってない時間は常にさみしい」

 

こんな風に感じてしまい、
彼と一緒にいない時間がつらくて苦しいですと
お話しいただくことがあります。

 

みんながみんなというわけではありませんが、
一部の人が強烈に“寂しい”という気持ちを
感じるのはなぜでしょうか?

 

今日は”寂しい”気持ちを感じる原因と
寂しく感じることから抜け出す方法について
お話ししてゆきます。

 

この記事でわかること
    • 寂しさ・孤独感を感じる原因
    • 寂しさや孤独感から抜け出すために必要なポイント
    • 寂しさから抜け出すためのセルフワークの方法

寂しさを抱える人の恋愛で生じがちなこと

最初に少し、"寂しさ"を抱える人の恋愛で
生じがちな問題について触れて起きます。

 

・デートでさよならした直後から
 寂しさを感じる

 

・LINEやメールの返信が数十分つかないと
 不安になる

 

・相手が自分のことを好きだと思ってくれているか分からず
 頻繁に相手に確認したくなる

 

・相手の自分に対する関心が減ると
 「嫌われたんだ」と思ってしまう

 

・プレゼントや連絡など目に見えるものがないと
 相手の好意や愛情がわからない

 

・自分の気持ちをうまく相手に伝えられず、
 感情的になってしまうことが多い

 

"寂しい"気持ちが強い場合、
こうした悩みを抱えるために普通の人と比べて
安定した関係を維持していくことがずっと難しいと言えます。

寂しいと感じる原因

寂しいと感じる原因はなんでしょうか?

寂しいと感じるのは


・誰からも必要とされないと思う
・誰にも愛されていると思えない
・人と表面的にしか関わることができない

 

こうした思いがあったり、
人と深く関わることができないからです。


なぜそのようになってしまうか・・・


それは

 

“愛着”に問題があるからです。

愛着とはなにか

愛着とは、親しい人との間の
目に見えない絆や繋がりを結ぶ能力のことです。

 

安定した愛着が形成された人は
日常生活の中で人との間に繋がりを作ることができ、
その後1人で過ごす時も家族や友人との間に
つながりを感じることができるため
自分は1人だなと思ったり
寂しいと感じることがありません。

 

一方で愛着が不安定な人は
目に見えない繋がりや愛情というものがよくわからず
1人でいると

 

「私はひとりぼっちだ」
「私は誰にも愛されていないんだ」
「誰も私のことなんて興味がないんだ」

 

と感じてしまいます。

なぜ愛着が不安定になるのか?

このように寂しさ・孤独感の原因となる愛着ですが、
一体なぜこの愛着が不安定になってしまうのでしょうか?
その原因は幼少期の養育者との関わりにあります。

 

一般的に子どもの頃の親との関わりの問題が
大人になってからの悩みの要因になることが多いと言われますが、
この愛着に関してはさらに早期の
0〜3歳頃に形成されると言われています。

 

この頃に母親が子どもに十分な関心を向け、
献身的な関わりをすると安定した愛着が形成されます。

 

一方で

 

・親が子どもを愛せない
・親が仕事や家事で忙しい
・親が精神的に不安定である

 

こうした事情などから献身的な関わりができない場合、
安定した愛着の形成がなされません。

見落とされがな愛着の問題

 

このような愛着の話をすると
出てくる疑問のひとつが

 

「親から愛されていたと思うけれど、
 それでも頻繁に孤独感を感じるのはなぜだろう」

 

というものです。

 

一見すると親から愛されていたようなケースにおいて、
それでも愛着に問題を抱えることがあるのはなぜでしょうか?


愛着の話をする際に見落とされがちなこと

それは”スキンシップ”です。

 

カウンセリングをしていると

 

「親は私を愛してくれていたと思います」
「親に問題があったとは思わないです」

 

このように思うものの寂しさ・孤独感が強いという方が
結構いらっしゃいますが、
こうしたケースで問題になっているのはスキンシップの欠如です。

 

ちょっと考えてみて欲しいのですが、
小さい子どもはどうやって
愛情を受けとっているのでしょうか?

 

「大好きだよ」
「愛してるよ」
「かわいいね」

 

こうした言葉を聞いて、
それを理解しているのでしょうか?
その答えはノーです。
(※愛情のある声かけが意味がない、
  というわけではありませんが)

 


当然ながら、生まれて間もない子どもは
言語を理解することができません。

そんな子どもが愛情を感じ取る手段、
それはスキンシップです。

 

親に撫でてもらったり、抱っこしてもらう。
こうした際に肌の感覚を通して

「私は愛されているんだ」

というメッセージを受け取ります。

 

逆に言えば、
どれだけ親が子どものことを愛していたとしても

 

・仕事で忙しくてそばにいれない
・教育方針として、あえて
 スキンシップをとらないようにしていた

 

こうしたケースでは
愛着の問題が生じることが多くあります。

いつも寂しいと感じることから抜け出すには?

では、こうした愛着の問題から抜け出して
さみしさ、孤独感から抜け出すには
どうすればよいでしょうか?

 

そのために必要なことは
愛着の再構築です。

 

一般的に愛着の形成は0〜3歳の頃になされ
それ以降に取り戻すことは難しいとされています。

 

しかし、この問題を解消する方法があります。
それは心理セラピーの技法により
心の中の子どもの部分に働きかけることです。

 

私たちは大人になった今も
実は心の中に子どもの部分が並存しています。

 

実際セラピーのセッションにおいて
「小学1年生の自分に戻ったとイメージしてください」
と音葉をかけると、
「お母さんが家にいなくて寂しい…」
といった具合にその時の思考や感情が
ありありと出てきます。

 

ですので心の中の子どもの部分に働きかけて、
その子どもが安定した愛着が形成できるような体験を
新たに積み重ねていくことで、
大人になってからでも安定した愛着を獲得することが可能です。

寂しさを解消するセルフワークの解説

具体的な愛着の再構築の方法について
話すと長くなってしまうため
ここでは説明は控えますが、
ご自分で取り組みたいという方も
いらっしゃるかと思いますので
ここでは簡易的なセルフワークのやり方を説明します。

 

ここで紹介するのは

“セルフリペアレンティング(自己再養育)”

と呼ばれる方法です。


セルフリペアレンティングとは

セルフリペアレンティング(自己再養育)は
ミュリエル・ジェイムス氏が提唱したセルフセラピーの方法で、

“自分が自分の良き親となり自分をもう一度養育する”

という手法です。

※ジェイムス氏が書籍に示されている正確な手順については
こちらのページで紹介されているので
知りたい方はこちらをごらんください。

・「セルフリペアレンティング」杉田峰康

http://www.koryubunseki.com/セルフ・リペアレンティング%E3%80%80self-reparenting/


このページではお読みいただいているあなたに
取り組んでいただきやすいように
この手法を僕が簡便化したものを
紹介させていただきます。

【手順解説】


1.「寂しい」「私はひとりだ」
 「私は愛されない」と思っている
 子どもの自分を目の前に想像する

2.当時の自分が本当は
 親にどうして欲しかったのか(欲求)を考える
(どんな関わりがあれば
 さみしくなかったり安心できたかを考える)

3.自分が1で想像した子どもの自分の
 理想の親になったつもりで
 2で考えたその子の欲求を満たす関わりをする
例:
 「お母さんは◯◯が大好きだよ」
 「◯◯がいてくれてお母さんは幸せだよ」などの言葉をかける、
 抱っこするなどスキンシップをとる等

4.イメージしている子どもの自分が
 安心している、嬉しそうなどの
 心地よい状態になったと思えたらワークを終了する

愛着を修復すれば寂しさから抜け出せます

いかがでしたでしょうか?

今日は

 

【いつも寂しいのは心の病気?心の専門家が教える寂しさの心理と解消法】

 

というテーマで寂しさ、孤独感の原因となっている
“愛着”について話をさせていただきました。

 

愛着の問題を抱えていると
目に見えない繋がり・絆を感じることが難しく、
人と物理的に一緒にいてかつ
自分に関心を向けていることが分かる状況がないと
寂しさを感じることになってしまいます。

 

この問題を抱えたままでは
寂しさ・孤独感から抜け出すことは難しいですが、
心の中の子どもの部分に適切に働きかけてあげることで
大人になってからでも愛着の問題を克服することが可能です。

 

ご紹介したセルフワークに取り組んでいただくだけでも
効果があると思いますので
ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

またより詳しい寂しさ・孤独感解消のための方法については
「あなたの不安がみるみる小さくなる
 セルフセラピーガイドブック」
の中で詳しく話をしています。

 

ご興味のある方は
こちらをご覧になってみてくださいね。

【1/31まで】無料でE-bookをプレゼント
あなたの不安がみるみる小さくなる
「セルフセラピーガイドブック」
(PDF形式、30ページ)
ご家庭で取り組んでいたくことで、あなたの悩みや不安が小さくなるセルフセラピーについて解説したe-book「あなたの不安がみるみる小さくなる セルフセラピーガイドブック」を無料でダウンロードしていただけます。


無料でE-bookをプレゼント
あなたの不安がみるみる小さくなる
「セルフセラピーガイドブック」
(PDF形式、30ページ)
ご家庭で取り組んでいたくことでお悩みや不安が小さくなるセルフセラピーについて解説したe-book「あなたの不安がみるみるちいさくなる セルフセラピーガイドブック」を無料でダウンロードしていただけます。

 

初回カウンセリングの申し込みはコチラからどうぞ

恋愛セラピーについて知りたいという方はコチラをお読みください

https://blog.renai-therapy.com/about_therapy/

料金・お申し込みまでの流れなどに関してはコチラをお読みください

https://blog.renai-therapy.com/therapy_fee/

 

-   

関連する記事