meeting

京都@yucafe塾「悩みを相談された時の心理術」に参加してきました

京都@yucafe塾に参加してきました

http://ameblo.jp/y-u-cafe/entry-11377578776.html

 今回のテーマは「悩みを相談された時の心理術」です。

 

悩みを聴くためのそもそもの環境を整える話であったり、解決に導くマジックワードの話であったり。

カウンセラーさんならではの、こんなにいろいろ配慮すべきことがあるんだ、ということが満載の回でした。

  コンテンツのひとつで「オウム返し」(バックトラッキング)の話がありました。

これは相手の言った言葉のいくつかを繰り返してあげることで自分の状態を客観的に捉えられるようになるというもので、例えば

 

Aさん:「最近彼氏が連絡くれなくてさみしいの」

Bさん:「彼氏が連絡くれなくて寂しいんや」

 

  という感じ。 このオウム返しも、よくよく考えてみると、日常生活の中で使ってくれる人ってほとんどいない。相談にのる際にやるべきことってもっとあるよね、と思いました。(というか、そういうことが自然とできる人は、よく相談されるというか)

参考:日本NLP協会―バックトラッキング―

個人的にむっちゃ面白かったな、と思うのは、途中出てきた男女の相談感の違い。

“性役割”というらしいのですが、

男性は   ”役に立ちたい”   という欲求が強く、

一方で女性は   “愛されたい、存在を認められたい”

  という欲求が強くて、そこでズレが生じる、という話。

女性からすれば、問題があって相談するときに、ただ話をきいてほしい、分かってほしいだけなのに、男性は解決策を提案しようとする。

よくある話ですが、その裏にあるのが男性の”役に立ちたい”、”解決策を提示できないならば自分には価値がない・自分は無能だ”というものでした。

  言われて改めて思ったのですが、基本的に話をきいているときに   “どうやったら相手の問題が解決するか”   にほとんど反射的に思考がいってるよな、と思いました。 特別意識してなければ、男性の8割方はそうなのではないでしょうか

こういう参加している人のリアルな問題に対する、男女それぞれのサイドの言い分というか、考えをきくことができるのが、ものすごく勉強になりますね。

  また次回が楽しみです。

P.S. 11月にこちらの講座も開催されるみたいなので、ぜひぜひチェックしてみてください♪

秘密の女子会講座 第3講座 結婚相手像を明確化して引き寄せる!

日時 2012年11月3日(土・祝)15時~17時

場所 大阪市西区西本町1丁目8番2号三晃ビル8階 オフィスクリエイティブズ(四つ橋線本町駅すぐ)

  
毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格10800円→5000円で
ご提供させていただいています。

4月分【満席】
5月分【満席→2名増席→満席】
6月分【満席】

ただいま7月分の募集を受け付けています。【メルマガ募集5名満席→3名増席、残り1名】

お申し込みはこちらからどうぞ

■■この記事がお気に召しましたら"いいね"やツイートお願いします■■


関連する記事

関連する記事はありません

ブログの最新の投稿を読むにはFacebookページをいいねしてください