チョコを与える女性

【Q&A】本気で人を好きになったことがありません

チョコを与える女性

みなさんこんにちは

 

恋愛セラピストの青木大です。

 

今日はQ&Aです。

テーマは”本気で人を好きになったことがありません”です。

 

悩みというか、気になっていることがあります。

今私は20代後半ですが、これまで本気で人を好きになったことがありません。

周りの友達は「誰でもいいから一回付き合ってみれば」と言ったりもしますが、到底そんな気にもならないので、男性とこれまでお付き合いしたこともありません。

 

自分で言うのもなんですが、良くも悪くも普通な、平均的な人間だと思います。男性からは彼氏がいそうと言われることもよくあります。男友達も普通に何人かいますが、それが恋愛に発展したことはないです。

 

とにもかくにも付き合いたいというわけでもないし、今のままでも十分毎日楽しいです。

でも、好きな異性がいて頼ったり頼られたりするのって、想像でしかないですが、すごく素敵なことだろうなとは思うんです。

 

だから、この先誰か人のことを自然と好きになれるようになりたいです。

どうしたらいいのでしょうか?

――

ありがとうございます。

 

たまにこういった相談を寄せられることがあります。

 

こういった”本気で人を好きにならない”という相談の原因はいくつか考えられるのですが、一番多いのはなんだと思いますか?

 

・魅力がない

・自信がない

・男の人と喋るのが苦手

・・・

などなど

 

実はどれも違います。

 

“自立しすぎている”

 

ということです。

 

自立に偏り過ぎると恋愛ができなくなる

 

「社会人として自立しなさい」

とかそういった言葉を聞くと、一見すると”自立する”という言葉はポジティブな意味合いを持つように思われます。

もちろん、全然自立していない、というのも問題になりますが、こと”恋愛”を含めて人間関係というものにおいて

 

“自立しすぎる”

”自立に振り切れている”

 

という状態は致命的になります。

人との関係性が築けなくなるからです。

 

人は他の人との関係のなかで、”自立と依存”のバランスを取っていきていきます。

依存しすぎると”寄生虫(パラサイト)”という言葉が一昔前に出て来たように、依存先の相手にとって迷惑をかける存在になってしまいます。

 

でも、だからと言って自立しすぎるとどうでしょう?

 

自立に偏りすぎると、人との関係性が築けないようになってしまいます。

例えばですが、

 

”無人島に行って一ヶ月生活してみろ!”

 

と言われたらどうでしょう?

それは耐えられない、というのが普通に依存を持つ人の答えです。

でももしこれが”案外いけるかも”と思えてしまうようであれば、自立に偏り過ぎです。

 

極端な例ですが、要は自立しすぎている状態というのは

 

他の人の存在を必要としないし、他の人に居場所を与えない

 

というようなものです。

そういう風に言われるとどうでしょう?

ピンとくる部分があるのではないでしょうか?

 

ちゃんと自分でやりなさい、の弊害

どこまで”自立”の状態に偏っているかはご相談内容からだけかは分かりませんが、”人のことを20数年間好きになったことがない”というのであれば、かなり偏っているはずです。

 

“全部自分一人でやろうとしていませんか?”

 

会社で自分の仕事が終わらなさそうなとき、いつまで残ってでも一人でやっていませんか?

人にお願いします、と頼むことができますか?

怒る女の子 

“強い女でなければいけない”

 

と心の奥の方で思っている、そんな風に感じることはありませんか?

 

おそらくそういう部分がありますよね?

では、どうして、強い女でなければいけないのでしょう。

いつから、強い女であることを選ぶようになったのでしょう?

 

小さい頃、今のあなたとは対照的になんにもできなくて、あなたが”弱い女”と呼ぶような人が、お母さんとかお姉さんとか身近なところにいらっしゃいませんでしたか?

 

そして、あなたはその人の生き方を反面教師として、”強い女じゃなければならない””強くないと周りからいいように扱われる”そんな風に感じて今の生き方を選んだ、そう言われてみてどうですか?当てはまる部分があるのではないでしょうか?

 

実際は、あなたは弱い女の子なのではないでしょうか?

ただ、それを認めてしまうとその人みたいになってしまうのではないかと恐れて、鎧でガチガチに身を固めて今のあなたになっている。

弱い自分を人にさらけ出すのが怖くないですか?

でも

一方で、本当は知ってほしくはないですか?本当は認めて受け止めて欲しいのではないですか?

 

そんな、”か弱い女性”としてのあなたを。

弱い女性でも、いいんだよ、と。か弱いあなたでも価値があるんだよ、と。

 76abf0c7233d63e3403dae72f5aadef0_s

可能であれば、理解があり強力してもらえる男性にハグしてもらいながら”こんな私でも受け止めてくれますか?”と言ってみてください。

 

 

あなたはもともと、人に頼ることができるし、人を愛したり愛されたりすることのできる女性だったはずです。

 

そのことを自分に許可して、”か弱い・可愛らしい女性”として新しい生活を始めることができれば、自ずと人と深い関係を築くことができるし、人を攻撃するのではなくて人の良い面を認められるようになり、そして気づけば誰かを必要とし必要とされるそんなパートナーを見つけるのは時間の問題でしょう。

 

どうか、自分の弱い部分を認めて、受け止めて、かわいらしい女性であっていい、そんな風に思って生活してみてください。

あなたが異性と素敵な未来を築かれていくのを楽しみにしています。

――

このブログではQ&Aを取り扱っています。

Q&A一覧を見る

 

profile_img_1

このブログではブログ記事でのご質問・ご相談を募集しております。

気になっていることがあればぜひぜひコチラからご相談ください。

辛口なことが多い僕でもよければ、ですが・・・お待ちしております。

ご意見やご感想などもコチラからお知らせいただけると嬉しいです。

Q&Aの投稿、感想や質問はコチラ

 

  
毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格21600円→5000円で
ご提供させていただいています。

6月分【満席】
7月分【満席】
8月分【満席】

9月分、メルマガ募集にて5名集まりました。ありがとうございます。

一般枠でも、2名様のみ受け付けさせていただきますね【残り2名】

お申し込みはこちらからどうぞ

■■この記事がお気に召しましたら"いいね"やツイートお願いします■■


関連する記事

ブログの最新の投稿を読むにはFacebookページをいいねしてください