メールする女性

知らないと恐ろしい 彼氏の浮気を防ぐ5つの言葉

 みなさんこんにちは

 

恋愛セラピストの青木大です。

 

面白い記事があったのでご紹介します。

 メールする女性

“女性の美学”さんの記事で”彼氏に絶対に浮気させない魔法のような5つの言葉!”

http://josei-bigaku.jp/love/uwaki5lang6523/

 

です。

タイトル通り、

 

「尊敬してるよ」

「願い事かなえてあげる」

「信じているよ」

 

など

浮気をさせないための言葉遣いが5つほど紹介されています。

僕がこの中で特に使えるな、効果があるな、と思ったのが

 

1の「尊敬しているよ」と

4の「あなたの誠実なところが好き」

 

です。

 

あなたのこと尊敬しているよ

1の”尊敬しているよ”という言葉は相手の自尊心を満たす言葉です。

男はだれだって”自分は重要な人物だ”と思いたいものですが、職場などでこういった感情をうまく満たせる人はそうそういないものです。

 

そんな中、あなただけが彼のこの自尊心を満たすのであれば

 

“こいつは俺の価値を分かってくれる”

 

という発想につながるので、それを失いたくない彼は浮気をしにくくなります。

 

あなたの誠実なところが好き

6bd9477147e43aa2d10f408b89b08803_s

4の”あなたの誠実なところが好き”。

これは単純に相手の誠実なところを褒めろという話ではありません。

 

相手が誠実であろうと、誠実でなかろうと、”誠実で好き、誠実で素敵”と伝える、ということです。

 

相手が誠実な態度を示さないのに誠実って…

 

これは心理学でいうピグマリオン効果を狙ったものです。

 

仮に相手がとても誠実とは思えない態度をとるような人間であってもの

 

“○○さんって誠実ですね”

 

と言われれば嬉しい。

普段誰からも誠実だと言われない人であればあるほど自分の中に潜む”誠実さ”を認めてもらえた喜びは計り知れない。ゆえに、もっと相手に認めて欲しくて自分の中の”誠実さ”をアピールするようになる。

 

たとえ浮気のチャンスがあっても”いかんいかん、俺は誠実な人間なんだ”という発想が浮かんでくるために浮気しにくくなるのです。

 

彼が浮気をする時

ここでは”浮気させない言葉”を紹介しましたが、これを逆に考えれば浮気させる言葉・方法ともとれます。

 

1の”尊敬している”(もしくはそれに準ずる言葉)をあなたが与えてくれない。

もしそこに、職場や再会した友人などがそれを与えてくれるとしたら…

 

自尊心を与えてくれる、自分の価値を感じさせてくれる相手に男の心は揺らぎます。

 

4の”誠実なところが好き”

 

もし逆のアプローチで”浮気しないでね””浮気してるんじゃない?”

 

と疑ってかかったらどうなるでしょう?

そうですね、これではピグマリオン効果を逆利用するようなものです。

 

男は自分のことを信頼してくれない相手に反発するように、浮気へと走ってしまいます。

頭で分かってやってるわけではないのです。なぜだかわからないけれど相手を傷つけるようなことをしたくなってしまうのです。それって恐ろしいことですよね。要は相手が浮気をするようにしむけているわけです。

 

相手の携帯電話をこっそり見るなど愚の骨頂です。

人間は感情で動く。

であるならば相手の自尊心を生かして誠実であらせ、”この子を傷つけてはいけない”という罪悪感を抱かせることによって浮気を予防する。

 

ここでは分かりやすいところで

 

“尊敬している”

“誠実なところが好き”

 

という言葉を紹介しました。

いつも彼氏が浮気をする、という人は、まずはご自身の普段の言葉遣いがどうなっているかチェックしてみてください。迷った時は

 

この言葉は相手の自尊心を高めるだろうか?それとも貶めるだろうか?」

 

と問うてみてください。

 

  
毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格21600円→5000円で
ご提供させていただいています。

6月分【満席】
7月分【満席】
8月分【満席】

9月分、メルマガ募集にて5名集まりました。ありがとうございます。

一般枠でも、2名様のみ受け付けさせていただきますね【残り1名】

お申し込みはこちらからどうぞ

■■この記事がお気に召しましたら"いいね"やツイートお願いします■■


関連する記事

ブログの最新の投稿を読むにはFacebookページをいいねしてください