本「愛するということ」エーリッヒ・フロム

みなさんこんにちは

 

最近僕の読んでる本の紹介です

 

エーリッヒ・フロムの

 

『愛するということ』

 

 

です。

 

フロムはドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者です。

 

 

愛についての本ですが、ちまたの恋愛本とは違って

 

“愛っていったいなんやねん”

 

というのを様々な観点から論じた本です。

 

決して読みやすい本ではないですね。

でも読みごたえはムチャクチャあります。

 

この本を手にとって開くと、最初に目に入るのが第一章のテーマ

 

 

第一章 愛は技術か

 

 

ということです。

愛は技術なのか、それとも感情の一種だろうか?

 

という問いからこの本は始まります。

 

 

感情であれば人々にとって重要なことは、”愛することのできる”あるいは”自分を愛してくれる”相手と出会うことであり、そのための努力をすることが大切である、ということになります。

 

“愛される女になる○○”

 

というようなタイトルの本が多いのは、一般的にこの考えにもとづくからですね。

 

人が愛とは感情であり、技術のように学ぶようなものではない、と考える原因のひとつは、”恋”と”愛”との混同にあります。

 

“恋に落ちる”ということの高揚感=”愛”

 

という風に捉えるために、愛とは自然発生的に起こる感情であって、学んだり・制御するようなものではない。

 

そのように思ってしまいがちです。

 

この点に関して、フロムははっきりと

 

 

“愛は技術であり、学ぶべきものである”

 

 

と述べています。

 

母親は自分の子供に対して”見返りを求めない無償の愛”を与えるのに、

自分の夫や妻、彼氏彼女に対してはそうはならない。

 

“だって相手が○○してくれないんだもの”っとなる

 

このあたりの

 

“母親がわが子に対して抱く愛”というものと”異性に対して抱く愛”とを比較して考えてみたりすると

 

 

“あれ、これって愛なのかな?それとも別のなにか?”

 

 

という疑問が生まれ、”愛ってなんやねん”というものを考えるよいきっかけになるのではないかと思います。

 

”愛の種類”についてもフロムは

 

 

“兄弟愛”、”母性愛”、”異性愛”、”自己愛”、”神への愛”

 

 

と分けてそれぞれについて述べています。

 

自分の愛について疑問を持った時

“自分がなかなか愛されない”と思った時、ぜひ手に取ってみて欲しい一冊です

 

P.S.

以前僕が書いた

 

災害現場で恋愛が生まれる本当の理由–認知的不協和理論–

 

も愛について考える上でぜひ参考にしてみてください。

  
毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格21600円→5000円で
ご提供させていただいています。

6月分【満席】
7月分【満席】
8月分【満席】

9月分、メルマガ募集にて5名集まりました。ありがとうございます。

一般枠でも、2名様のみ受け付けさせていただきますね【残り1名】

お申し込みはこちらからどうぞ

■■この記事がお気に召しましたら"いいね"やツイートお願いします■■


関連する記事

関連する記事はありません

ブログの最新の投稿を読むにはFacebookページをいいねしてください