スカイビル

『怒涛!!実践心理スキル100本ノック乱れ打ちセミナー』 からピックアップ

みなさん、こんにちは

昨日は、大阪は梅田で開催された『怒涛!!実践心理スキル100本ノック乱れ打ちセミナー

http://ameblo.jp/kizuna2012blog/archive1-201210.html に参加してきました。

場所は梅田のスカイビル。こんなに景色がいいセミナーというのもかなりレアです。 ありそうでなかった心理学スキル100本ノック。

  ビジネスや恋愛のシーンを想定して”こういうシーンでこういうの使えるよね”っというのを駆け足で150分で100本。

さすがに100本全部は時間内に終わらないのでフォローページでカバーする、ということに。

  “そういえばこんなテクニックあったな”

  という定番ものから

“そんなんあるの??”

  というレアなもの、うまく応用したものまで、実にいろいろ楽しませてもらいました。

    “150分で100本はねーだろ”   と半信半疑だったのですが、ありですね、このスタイルのセミナー(笑)

 

 さて、せっかくなのでその中から1つネタをピックアップ

納講師が紹介したスキルで

 

  “気になる彼の彼女の有無を自然に行うスキル”

 

  たまたま出会った彼、果たして現在交際相手がいるのか気になるところ。

しかしながら、ストレートに   「○○さんって彼女いるんですか?」   ときくのも、へんに警戒されそうでききにくい

そんな時にこんな形でぶつけてみる

 

  「○○さんの彼女って幸せですよね」

 

あるいは

 

「○○さんって今付き合って長いんですか?」

 

 というふうに言ってみる。

するとどうなるか。

A:現在彼女がいる場合は「幸せ、なのかなぁー」とか「ありがとう」「今で半年だよ」などと返ってくる。

  B:彼女がいない場合は「え、今彼女はいないよ」と返ってくるので「え、そうなんですか?○○さんぐらい素敵な方だから、当然彼女がいるものだと思ってました」と続ける。すると、褒め言葉の一種としてそのまま会話は続いていく。

  ぜんぜん違うケースだけれど、例えば日本人のあなたが

「あなたは韓国人ですよね?」

と当り前のように訊かれれば

「いや、僕は日本人ですよ」

という風に反射的に答える。

これが「あなたは日本人ですか?」と訊かれれば「ん、なんかあるのかな?」といろいろ考える余地があるのだけれど、人間、間違ったことは自然と訂正しようとする。  だから、仮に彼女がいるかどうか微妙な時であっても「○○さんって彼女いますか?」ではなくて「○○さんって彼女がいますよね?」という形できくことで、よりナチュラルに相手に情報開示をさせることができる。

これをもう少し間接的に言ったものが   「○○さんの彼女って幸せですよね」 あるいは 「○○さんって今付き合って長いんですか?」   というような表現になる。   わざと間違った質問や確認をすることで、相手に自然な情報開示を促すというテクニック。 いろんなシーンで応用がきくと思うので、よければいろいろ考えてみてください。

  
6月の初回カウンセリング(特別価格)は
好評につき、満席となりました

次月、7月分の募集開始は
6月23日(金)20時を予定しております。

募集はメルマガにて先行案内させていただいております

先行でのご案内を希望される方は、
こちらのフォームにてご登録ください。

一般募集に先駆けてご案内を送らせていただきます。

毎月5名様限り(6月分満席)
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格10800円→5000円で
ご提供させていただいています。

4月分【満席→2名増席→満席】
5月分【満席】
6月分【満席】

7月分の募集は6月23日20時を予定しています。

募集はメルマガにて先行案内させていただいております

先行でのご案内を希望される方は、
こちらのフォームにてご登録ください。

一般募集に先駆けてご案内を送らせていただきます。

■■この記事がお気に召しましたら"いいね"やツイートお願いします■■


関連する記事

関連する記事はありません

ブログの最新の投稿を読むにはFacebookページをいいねしてください