読書

恋愛と少女漫画と英会話と

こんにちは

恋愛セラピストの青木です。

 

かなり間が空いてしまいました。

すいません(笑)

 

さて、今回は少女漫画と恋愛についての話。

僕、かなりいろいろ少女漫画を読むんですが、そのことの大切さについて今回書かせていただきます。

話は変わりますが、僕、最近英会話を勉強しているんですよ。

以前から勉強したいしたいとは思っていたんですが、昨年の12月に、カフェのイベントスペースを使って毎週ワンドリンク代だけで英会話教室してるよ、っと教えてもらい、ひょんなことから僕の英会話学習がはじまりました。

 

今はたいへん楽しく英会話を勉強させていただいております。

でね、もちろん英語を話すことは楽しいんだけれど、それ以外に面白いことに気づくんですよね。

 

それはなにか

 

“あー、人って、こういう風にして言語を獲得するんだな”

 

ということ。

週一での英会話に通いだして、かれこれ6回ぐらいの参加。

でもね、結構喋れるようになるんですよ、これが。

喋れるようになるというか、自然と口から英語のフレーズが出てくるようになるんですね。SVOとかSVOOとか考えて喋っていない。

 

で、なんでこんな風に喋れるようになるのか

 

これね、気づきました。

それは、ネイティブの喋る英語に毎回2時間ぐらい触れている、ということ。

 

ネイティブの先生が教えてくれているんですが、僕らは彼が話す自然な英語を2時間のレッスンの中でたんまりきくことになる。

 

その2時間の中できいた英語が頭の中にプールされる。

そして、次に僕らが喋るときには、その英語のプールの中から自分がいいたいことを取り出して喋っている、そんな感じなんですよ。

 

冷蔵庫の中にいろんな食材をポイポイ放り込んでいって、なにかを作ろうとした時、この冷蔵庫の中にある食材を適当に組み合わせて作る。

 

だから、冷蔵庫の中の食材で作れるものは作れるし、

逆に冷蔵庫の中の食材で作れないものは作れない。

 

だから、先生が自然と使うような会話で自然に使うようなフレーズはなにも考えなくても出てくるんですが、逆に僕らだけが使うような”これってなんていうの?”みたいなフレーズはびっくりするぐらい出てこない(笑)

 

そんな感じなんです。

さて、話を恋愛に戻しますが、考えてほしいんですが、これって英語とか外国語習得の時だけにいえることでしょうか?

 

日本語とか、別のことにもいえる話だと、思いません?

僕やあなたが使う言葉も、普段自分がテレビや本や、あるいは周りの人が使う言葉が冷蔵庫の中にプールされてそこから生み出している。

 

言われてみれば、そんな風に思いませんか?

 

僕は、僕自身の恋愛経験の中で

 

“あぁー、今女の子に言ったこのセリフ。漫画の○○のなかで□□君が使ってたセリフだな”

 

と思うことがあるんです(笑)

一応フォローしておきますが、そういうセリフがいいたくて言うんではなくて、自然とそういうものが口から出てくるし、そういう感覚が頭の中にフッと出てくるんですよ、不思議なことに。

 

 

だから、少女漫画を読んだり、あるいは恋愛の映画・ドラマなんかを普段からちょこちょこ見ていると、自然と愛の言葉を口にするようになるし、自然と人の優しさとかそういったものが感じられるようになるし、自然と気づいたら恋愛をしている・気づいたら誰かと付き合っているみたいな状態になるんです。

 

これってすごくないですかね?(笑)

恋愛をしようとするんじゃなくて、自然と恋愛的な発想とか言葉とかが自然と出てくる状態をつくる。

それって理想的じゃないですか?

恋とか愛も学習によって生まれるものですよ♪

 

僕が今ぱっとおススメするのは

 

・君に届け

・好きっていいなよ

・君はペット

・アオハライド

 

とかですかね。

よかったらTSUTAYAレンタルコミックとかでドバっと借りて一気読みしてみてください♪

近くにTSUTAYAとかがない方は、TSUTAYAやDMMのネットレンタルとかが便利ですよ。

 

  
毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格21600円→5000円で
ご提供させていただいています。

6月分【満席】
7月分【満席】
8月分【満席】

9月分、メルマガ募集にて5名集まりました。ありがとうございます。

一般枠でも、2名様のみ受け付けさせていただきますね【残り2名】

お申し込みはこちらからどうぞ

■■この記事がお気に召しましたら"いいね"やツイートお願いします■■


関連する記事

ブログの最新の投稿を読むにはFacebookページをいいねしてください