恋愛の話を会う人会う人としていると、いろんな話がでてきます。
多種多様な話が出てくるんだけれど、その中にもいくつかパターンというか、似たようなケースどっかで話したよな、ということが多々あります。

細かく見れば、それはひとつひとつのケースは違うのかもしれませんが、それでも共通する特徴などがあります。

面白いのは、相手の人でどうのこうの、というよりも、同じ人の恋愛の話を2,3人分きいてみると、その2,3個の恋愛の展開模様が、大抵の場合似通っているということ。4個ぐらいあっても、多くても2パターンぐらいの恋愛になるんです。

“彼氏を信じられない”ということ

少し話が変わりますが、ここでひとつ映像作品を紹介します。

この後に関係ある話なので、まずこれを見てからこの先に進んでください。

でね、こないだ喋っていて、こんなケースがあったんですよ。

彼氏に熱烈にアプローチされて付き合い始めた。
最初の一週間だとか一か月だとかは良かったんだけど、そのあと彼氏は一変。

全然連絡くれないし、
メールや電話はいつも私から

“釣った魚に餌をやらない”

とは、まさにこのこと

“釣った後にえさくれへんのやったら、最初から釣らないでよ”
“男って嫌ねぇ~”

という話をするわけ。
まぁ、別にこのケースに限った話ではなく、よくある話ですよね。

これを読んでくれている、あなたにも、もしかしたら過去に思い当たるケースはあるかもしれない。

でね、彼女はこう言うわけ

“すごく苦しいんです”

“彼氏のことがしんじられません”
“こんなつもりじゃなかったのに・・・”

彼氏を信じたいけれど信じられない。。。

彼氏を信じたいけど、彼の態度があれだから、信じることなんて、到底できない。

今も私に連絡を取らない裏側で、

他の女と遊んでるんじゃないか、
浮気してるんじゃないか

気になってしかたがない・・・

“こんなにも心苦しいのなら、どうして恋愛なんてしているんだろう・・・”

そんなつもりじゃなかったのに・・・

経験ありますか?(笑)

彼氏を信じられなくなるきっかけ・原因

“彼氏を信じられない””なんとか彼氏を信じたいけど・・・”といって相談にこられる方は、だいたい以下のようなことを彼を信じられない原因としてお話されます。

・浮気をしたから彼を信じられない

・嘘をついているから彼を信じられない

・過去に女性関係がひどかったから彼を信じられない

・大切にしてくれているかどうか分からないから彼を信じられない

・彼の行動に怪しいところがあるから彼を信じられない

・昔の恋人と”友人として”今もよく連絡をとっているから彼を信じられない

これを読んでいるあなたもこのどれかにあてはまるでしょうか?

確かに”このせいであなたを信じられないのよ!”と言いたくなる気持ちは理解できるし、あなたがそう思うことも仕方のないことだと思います。あなたの彼氏のとっている態度は許されるものではないのかもしれません。。。

しかしながら、これらのことは実は”彼を信じられない本当の原因”ではありません。

そのことについてはおいおい触れていきます。

ある春が教えてくれたこと

告白のチャンス

今年の春かな、僕も一人の人に告白と言うか、好意をもたれたことがあったんだけど、
それはもう、いろんな苦しい思いをしたというか、悩んだし、ほんとにいろんな事を考えさせられました。

ものすごく学びがあった。

愛する、ということに関しては社会心理学者のエーリッヒ・フロムが

「自分の喜び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなど、自分のなかに息づいているもののあらゆる表現を与える」ことが愛だとフロムは言うのです。そして、「与えることによって、かならず他人のなかに何かが生まれ、その生まれたものは自分にはね返ってくる。ほんとうの意味で与えれば、かならず何かを受け取ることになるのだ。(……)与えるという行為のなかで何かが生まれ、与えた者も与えられた者も、たがいのために生まれた生命に感謝するのだ」

と述べていますが

“人を愛するとはどういうことか”

ということを嫌と言うほど苦しみのなかで考えさせられた出来事でした。

まぁ、それはいいとして・・・

当時”人を愛する”とはどういうことなのかが分かってなかった僕にとっては、それはなくてはならない恋愛でした。

人が人を好きになることにはちゃんと意味があるんです・・・

人はその人のことが好きだから好きになるわけではない

僕はね、いろんな人の話を仕事上聞く中で、こういうふうに考えているんですよ

“全てのことには意味がある”

まぁ、別に僕が言いだした話ではないですけどね。
僕も、自分自身の実体験やセラピーをするなかでクライアントさんの話をきく限り、その意見に賛成なんです。

でね、だから恋愛にも意味があると思っているんですよ。

あなたが今の信じられない彼と一緒になったことにも意味がある。

あなたがある異性の事を好きになった・気になるようになったその時

“好きだから、好きになったんだよ。ただ、それだけ”

というのではなくて、恋をしたその本人にとって必要性がある、だから恋愛が起こっている。

ちょっと分かりにくいので時系列で説明しますね。

1.一人の人が生きていく中で、仕事とか夢とか、これからやることのためにある要素が不足している

2.心が1のその要素を得ることを望んでいる

3.それを得るために、そのことがテーマとなる恋愛をする、そのことを思い知らしめる・考えさせる、そういう相手を好きになる・もしくはそういう相手から告白されたりする。

そういう風になっているんですよ。

というか、いろんな人の話を聞く限りでは、どうもそう考えた方が自然だな、と感じるんですよ。

“彼氏のことが信じられない”

そんな恋愛があなたに伝えようとしていることは一体なんでしょうね?

【次ページ 彼氏がひどいから信じられない、は間違いです】