Tさんのケース

024

Tさんは僕のところへ「彼のことが信用できない」「いつも恋愛で不安でしょうがない」といって相談に来られました。話を聞き進めていくと

・彼がTさんに特別ひどい扱いをするわけではない

・彼から”好きだよ”と言われることはあるが、言われても素直に喜べない

ということが分かりました。

そうです、彼の言動がTさんの不安の原因ではなかったのです。本当の原因はTさんの中にある

 

“私は人に愛される価値がない”


というビリーフの存在でした。結果としてTさんは彼の好意を受け取ることができないし、付き合っていても二人とも苦しくなり、そのうち別れを切り出され

“やっぱり私は人には愛されない”

と感じることを繰り返していました。

では、Tさんのこのビリーフが作られたのはいつでしょう。

Tさんのご両親は自営業をしていて、Tさんが小さい頃からいつも忙しそうにしていたそうです。

あるシーンに身を置いてもらった時、そこにはTさんの怒りと悲しみがありました。

“お父さんとお母さんはいつも仕事ばっかりで私のことなんてどうでもいいんだ・・・(悲しみ)”

“私のことがどうでもいいのなら、どうして私を産んだりしたの!!(怒り)”

そこには自分が親に愛されないことに苦しむ小さな女の子がいました。

その女の子をこれまでずっと心の中に抱えてTさんは生きてきていたのです。

 

そして、2回のセッションで感情を十分に感じてもらった上で

“たとえお父さんやお母さんが認めてくれなくても、私は自分で私の価値を認めます”

“私には人に愛される価値があります”

と再決断してもらいました。

Tさんは顔を上げ、すっきりしたご様子でした。

それ以降、恋愛で不安にかられることはほとんどなく、忙しくてお互い連絡が取れない時も自分の時間を楽しめるようになったそうです。

Kさんのケース

004

Kさんはいつも恋愛でつらい思いばかりしているといって相談にこられました。

相手からのアプローチがあって付き合うのですが、いざ付き合ってみるとメールや電話の返事は気まぐれで、大切にされている感じが全然しない。

周りの人も”あの人はやめておいたほうがいいよ”というのだけれど、気がつけばまたそういう人と一緒になって苦しんでいる。

その繰り返しの原因を知りたいとのことでした。

Kさんの話をきいていくと、Kさんは両親が小さい頃に離婚していて母子家庭で育ったということでした。そんなKさんに”彼氏に父親(性)を求めていませんか?”と訊くと、”そうです。その通りです”とのこと。自分が女性として男の人に愛されることよりも、父が娘に与えるような”安心感”それを求めてKさんは恋愛をしていました。しかしながら、交際相手は当然父親ではないわけですからその望みは叶えられません。結果、望ましくない相手を引きつけ、いつも大切にされない恋愛を繰り返していました。

“慢性的な安心感の欠如”

Kさんの恋愛をこじらせているのものの正体はこれでした。そしてそれは、父親とともにKさんが失くしてしまったものでした。

セッションでは、ワーク中に心の中にいる父親と対話してもらい、父を失ったことの悲しみや将来に対する恐怖や不安、自分を置いて出て行った怒りなどの感情と向き合ってもらいました。そしてその後に、自分の心の中に新たに安心感をあたえてくれる、Kさんを守ってくれる父親像を構築してもらいました。

セッションが終わった後、最初にあった不安な様子はすっかり消え失せ、Kさんは落ちついた様子でした。そこには安心感が満ちていて、表情はやわらかいものになっていました。

その後しばらくして、Kさんは新たな彼と一緒になったそうです。その先どうなるかはまだわからないけれど、今は彼に大切にされている感じがしていて、正直恋愛がこんなものだとは思いもしなかったということです。

Kさんのケースは離婚によって実際に父親がいないことにより恋愛をこじらせているケースでしたが、離婚がなくとも、父親との希薄な関係が恒常的な安心感不足にさせ、その先の恋愛や人生にトラブルを引き起こすということはよくあります。娘にとって、父親という存在との繋がりもまた欠かせないものなのです。

 

セラピーを受けられたお客様の声 

 

20代女性、Kさん

私は昔から男性が信じられず、付き合う男性にいつも不安を抱いたり、やきもちなどが原因で別れたりしていました。 「こんな恋愛はもう繰り返したくない、自分を変えたい」という気持ちから青木先生のセッションにたどり着きました。

いざセッションが始まると、恋愛の話だけでなく、私の家族の事などから話をしました。
私の親は離婚をしており、0歳から父親はいませんでした。 その中でやはり寂しかったり辛い思いをしたこと、母親の愚痴などから男性に不信感を抱くようになってしまいました。 

そこで先生は恋愛ではなく、私と母親との関係を見るところから始めてくれました。 その方法は意外な物で母親と向き合うイメージをしてみるというものでした。最初は少し恥ずかしかったのですが、進めているうちにだんだん涙が出てきて話せなくなってしまうぐらいでした。 その間も先生はそっと待っていてくれるようでした。

セッションが終わり、しばらくは少し疲れてぼーっとしてしまいましたが、その後何日かしてから、すっきりとした清々しい感覚になり、彼氏にもすごく心穏やかに接することができています。

まだセッションは1回だけですが、ここまで変わるのかと正直驚いています。 今後も引き続きセッションを続けさせて頂きますので、自分がどうなるのか楽しみにしています。

40代女性、Tさん

2回目のセッションを受けてから10日間たち、その間に色々なことがありました。

まず大きくは

感情の安定です。

彼への口撃がエスカレートしていて、止められずにいましたのですが、
今までと同じことを言われたら、以前はスイッチが入ったかのように「カーッ!!」として
彼の言葉を聞けずにいたのですが、
今は「チク」とか「ズキ」位の感情になりました。

そして、自分の本当の気持ちを相手に伝えられるようになりました。

こんなに、普通のことが、出来ずにいたのだと、言うことにも、
改めて気づかされています。

今、とても気持ち的に楽になりました。
能天気^^まではいってかいないのですが、
つい最近までの、自分の感情の爆発を思うと

大変大きな変化です。

彼にも驚かれています。

他には、行動です。
今はまだ、恐れからの行動もあるかもですが、変わりたい、知りたい、からの行動を起こすことができています。

親のせいにして、すねて怒って、けれど、親に何とかしてもらいたいと思っていた
部分も、少しですが、変化があったのかなと思います。

元々は、彼が信じられない

でも、これって、今の彼だけじゃない、今までも必ず彼が浮気してる?、するかも、って思いから
自分で、抑えきれずに別れを切り出したりしていた!と気づき、

どうしてなんだろう、から始まり、このセッションにたどりつきましたが、

それに至っていた、自分の子供の頃のたくさんの、未完了の色んな感情(怒り、寂しさ、悲しみ)を
体感し、実際言葉に出すことで、

自分で分からなくなっていた本当の気持ちを知ることで、
自分の気持ちを言うことに、恐れを持たずに言えるようになったのかと思います。

しかし、自分では気づけないことでした。
何となく、不具合を感じてはいても、それは、なぜなのかが分からなかったですし
もし仮に、気づいたとしても、解消の仕方も分からなかったです。
自分で、見ないようにしていたことを、見ようともしにくいですし、

かと言って、自分で、何とかして、変えたい、楽になりたい、と
思わなければ、変わることも出来ないのかと。

専門の方に、お願いをすることの、大切さも感じました。
そして、とてもとても感謝しております。

まだ、まだ、解消すべき未完了な感情はあるのかなと思いますが
このセッションで、救われました。とても良かったです。
ありがとうございました。

 

あなたの悩みはなんですか?

もしあなたが繰り返し同じことで悩み苦しんでいるのだとしたら、そこには好ましくないビリーフと未解決の感情があります。

小さい頃、気づかないうちに作られてしまった脚本に従って大人になった今も苦しむ必要はありません。

・この先も同じ思いをするのはもうイヤだ

・うまくいかない恋愛の繰り返しから抜け出したい

そう思うのであれば、どうぞセラピーを受けてみてください。

初回カウンセリングのお申し込みはコチラです。

初回カウンセリングのお申し込み

料金やお申し込みの流れについてはコチラをご覧ください。

料金・予約方法のご案内